TOPページ > 航空機パイロットのイメージ

航空機パイロットのイメージ

エリート

航空機パイロットといえば、エリート的なイメージが先行します。
パイロットになるためには、パイロットとしての技術的なことだけでなく、
語学力も必要とされます。

実際のところどうなのかは、私自身航空機パイロットでもなければ、
知り合いにそのような人がいる訳ではないので分かりませんが、
コックピットの中で様々な計器に囲まれ、管制塔とのやりとりは全て英語。

とにかく普通の人には到底ての届きそうにない仕事のように思えます。
ひとたび離陸してしまえば、機械まかせとはいえ何百人もの命を預かっているのですから、
ちょっとやそっとの緊張感ではないはずです。数時間程度のフライトであれば、集中力ももちそうなものですが、
時には十時間以上ものフライトもあるでしょう。

そのような場合に常に緊張感を持って操縦をするのは並大抵な事ではないと思われます。
このようなことを総合して考えると、航空機パイロットとは強い精神力を兼ね備え、
語学力も堪能である人でしかなり得ないやはりエリートである人がその職についているのであろうと
思われるのです。