TOPページ > 外資系の職業のイメージ

外資系の職業のイメージ

実力主義

外資系企業のイメージは、昔から言われ続けていることではありますがやはり、
実力主義という点だと思います。とにかく結果で評価され、実力があれば年齢や
性別は関係ありません。

結果に見合った給与も得ることができ、その給与はたいていの場合とても高額で、
実力のある人は同年代の日本企業で働く人と比べて考えられないほどの高所得で
あったりします。ただそのぶん実力がなく結果を出すことができなければ会社を
解雇されることもしばしばあり、待遇は保障されていないという厳しさも反面あります。

また、語学が堪能であるといったイメージもでてくるのではないでしょうか。
職場に外人が多い環境では社内公用語が英語であったり、語学が堪能でないと仕事になりません。

ただ上記2つの特徴をまとめれば、仕事に必要な語学が堪能であれば国籍は
問わないということでもあります。働く側としてみれば、自身が働く環境の
選択肢が全世界に広がるわけですし、優秀な人達にとってとても魅力的な働く
環境を与え続けているのではないでしょうか。