TOPページ > 弁護士のイメージ

弁護士のイメージ

ロジカルなものの考え

弁護士のイメージというと、とてもロジカルに物事を考えることができる
優秀な人といったイメージです。

大阪府知事から大阪市長に、そして国政に進出して現在大きな影響力を持っている
橋本氏も弁護士であった人ですが、彼の演説などが人の心を掴み支持を得ることが
できるのは、このロジカルシンキングの力が大きいと思います。

政治の情報や知識が豊富であることはもちろん、それを多くの人に納得して聞いて
もらうためには順序だって伝える作業をしなければならないからです。

勉強熱心で知識が多い、これは国家試験を合格して働く専門士の特徴ではありますが、
弁護士の仕事はそれだけではなりたたず、知識を使って裁判に勝つことが目的です。

多くの事件事象はとても多面的であって、何が絶対的に正しいといった答えはありません。
それでも、反対の立場の敵と戦い、論理で倒して勝利を勝ち取ること目的に働いていることは、
情報整理の力と論理力を育てます。それが無くては仕事にならないのです。